Dog Life Design

「あなたが、イヌとやりたいことは?」

あなたが、イヌとやりたいことはなんでしょうか?
どんなものがあるでしょうか?

 カフェに行きたい
 一緒に旅行したい
 ドッグランで遊びたい

こういうアクティブなこととか、いいですよね。
最近、イヌと一緒に行ける場所も増えていますし。
おなじぐらいに、たとえば

 一緒に寝たい
 イヌを撫でるのが好き
 ゆっくりと近所を散歩

こういうのも、いいと思うんですよね。

あなたが、あなたのイヌと暮らし始めた頃、
どんな毎日をイメージしていましたか?
あなたが、あなたのイヌと暮らすことを決めた頃、
どんなことをしたいと思っていましたか?
まずは、そのお話を聞かせてください。
そして、「あなたと、あなたのイヌだけの毎日」を、
一緒にデザインしていけたらと思います。
それが、「Dog Life Design」です。

「あなたが、イヌとやりたいことは?」
全部、ここから始まります。


Dog Life Design 5つのプロセス

「Dog Life Design」とは、簡単にいえば「しつけとか、トレーニングとか、訓練とか、問題解決とか、そのためにイヌを飼ったんじゃないですよね?もっと、楽しい毎日のために、一緒に暮らしてるんですよね?じゃあ、その楽しい毎日をどんどん作っちゃいましょうよ」ということ。
そして、このDog Life Designという考え、コンセプトは、実は「行動の科学」から生まれました。
しつけや、トレーニングといったものを、行動の科学に照らしながら考えていくと、こうなったんです。

そのDog Life Designには、5つの大切なプロセスがあります。
このプロセスは、ツールと言い換えてもいいかもしれません。
この5つのプロセスに沿って進み「あなたと、あなたのイヌだけの毎日」を、デザインしていきます。
どうすれば、あなたとあなたのイヌの、楽しくて、幸せな毎日が作れるのか?
そのためには、どんなことが必要なのか?
Dog Life Design 5つのプロセスです。


1. Find of Happy「ハッピーを見つける」
あなたの「ハッピー」は、なんですか?
あなたのイヌの「ハッピー」は、なんですか?
しつけの悩みや、困りごとがいくつか出てきて、いつの間にか「嬉しい」「楽しい」「幸せ」が、どこか遠くに行ってませんか?
あなたがイヌと暮らす前、暮らし始めた頃に思い描いていた「嬉しい」「楽しい」「幸せ」を、是非教えてください。
なにがハッピーかは、人それぞれ、イヌそれぞれ。
「いまいちよくわからない」ときは、一緒に考えていきましょう。
あなたとあなたのイヌの「嬉しい」「楽しい」「幸せ」を、まずは「見つける」「再発見する」ことから、すべては始まります。


2. Act for Happy「ハッピーに向かう」
「しつけをするためにイヌを飼う人」は、まず居ません。
「しつけをしたくて、しつけをする人」も、まず居ません。
おそらく全員と言ってもいいぐらい、飼い主さんは「困っていることの解決のため」に、しつけやトレーニングをしています。
でも、あなたがイヌと暮らし始めたのは、なぜなんでしょう?
どうして、その子と暮らし始めたんでしょう?
「この子と暮らしたら、きっと楽しい」
そう思って、暮らし始めたのではないでしょうか。
だから、今から「楽しい」に向かって動きましょう。
「問題解決のためのしつけ」「問題解決のためのトレーニング」は要りません。
あなたに必要なのは、きっと「楽しい暮らしに向かうためのサポート」です。
すべては、あなたとイヌの「ハッピーな暮らし」のために。


3. Reinforcement「いま、ここからの強化」
「褒めて伸ばす」という言葉があります。
「イヌを褒めてしつける」といわれたりもします。
一方で、わたしたちは「いま、できないこと」を問題にしてしまうことが多くあります。
「できないこと」を見ていると、「褒めること」はなかなかできません。
大切なのは「いま、できないこと」を考えるのではなく「いま、できること」を考えることです。
あなたとイヌの「いま、できること」から、スタートするということ。
「褒めて伸ばす」ではなく、「いま、できることを認めて、伸ばす」。
そうしていくと、できないことが、できるようになるんです。
理想論でしょうか?
いいえ、行動の科学では、これが常識です。


4. Relationship「愛犬との関係を強くする」
サン・テグジュペリの「星の王子様」に出てくるキツネは、こう言いました。
「本当に大切なものは、目に見えない」
愛犬との絆や、信頼関係は目に見えません。
そして、とてもとても大切なものです。
だからこそ、大切に、丁寧に考えていかなくてはいけません。
でも「目に見えない」から、どうしても曖昧になってしまったり、かえってこの言葉に振り回されてしまったりもします。
では、どうすればいいのか?
「行動の科学」は、実は「関係の科学」でもあったりします。
目に見えない、でも大切なイヌとあなたの「絆」「関係」を、科学の視点で丁寧にとらえて、より強く、より深くしていきます。

5. Base Arrange「ベースを整える」
世の中にはいろいろな「しつけ方」や「トレーニング法」があります。
そして、いろいろな「しつけ方」や「トレーニング法」を次々に試していく飼い主さんも多いようです。
「ナントカ法」というのが良いと聞いて、それを試す。
「○○行動には、この対応」と聞いて、また試す。
あなたは、どうですか?
ベースアレンジとは、言ってみれば「ヒトとイヌが、気持ちよく、楽に暮らせるような暮らし(ベース)のための、ちょっとしたひと工夫(アレンジ)」です。
ベースがしっかり整っていないのに、やたらとトレーニングを頑張っても効果は上がりません。
また、頑張れている最初のうちはいいかもしれませんが、そのうち息切れするかもしれません。
むしろ、楽にリラックスして、前に進んでいけた方が、よいと思いませんか?
「いろいろなしつけ方、訓練の方法をいくつも試す」のではなく、「基礎訓練やトレーニングを頑張る」のでもなく、まずはあなたとイヌが少しでも楽になる。
そしてそこから、あなたとあなたのイヌの「楽しい」「嬉しい」「幸せ」に向かっていく。
そのための「ベースアレンジ」です。

Dog Life Design への1件のフィードバック

  1. ピンバック: このブログについて | わんこも、そして飼い主さんも。

コメントは受け付けていません。