叱るべきか、叱らないべきか… それは問題か?

「イヌを叱るべきか?叱らないべきか?」

どっちだと思います?

ある人は言うわけです。

「悪いことをしたのなら、ちゃんと叱らなければならない」

またある人は言います。

「別に叱る必要はない」

どっちなんでしょうね。

ここで大事なことは「手段」と「目的」をちゃんと区別して考えることです。
「叱る」というのは、あくまでも「手段」のひとつです。
つまり「これこれこういうことのために、叱る」わけです。
じゃあ、なんのために叱るんでしょう?

わかりやすく結論を言えば「賢い行動をさせるため」です。

イタズラをしていたり、飛びついたり、吠えたり、噛んだり、トイレを失敗したりと、色々と「ヒトにとって都合の悪いこと」を、イヌはたくさんやったりします。
そしてそれらをまとめて「問題行動」と呼んだりするわけですが、それらを「やめさせるため」に、「叱っている」方が多いと思います。
この「やめさせる」ことが、なぜ「賢い行動をさせる」ことに繋がるんでしょうか?

多くの方(これは飼い主さんだけでなく、プロの方も同様ですね)は、↑に書いたように「問題行動、つまり悪いことをやめさせるため」に叱ってらっしゃると思います。
しかし「問題行動をやめさせるため」だけでは足りません。
当たり前ですが「問題行動をしている瞬間に叱る」ということをした場合、イヌが固まって動かなくなるわけではありません。
別の行動が出ます。

たとえば「飛びついてきたので、ダメと叱ったら、オスワリをした」みたいなことですね。
あるいは「イタズラをしているので、コラと叱ったら、上目づかいでこちらに擦り寄ってきた」みたいなことです。
しつけの本にも書いてありますよね。

「叱ったあとに賢い行動をしたら、褒めてあげましょう」

そうなんですよ。
「叱ったあと」が大事なんです。
「叱ったあと」に、イヌが「賢い行動をするかどうか」が大事なんです。
「叱ったあと」に、イヌが賢い行動をして、それを褒める」のが大事なんです。

てことはですよ?
「悪いことをやめさせる」というのも、結局は「賢い行動をさせて、それを褒めるため」の、「手段のひとつ」でしかありません。

つまり「叱る」っていうのは、「賢い行動をさせるための、手段のうちのほんの小さなひとつ」でしかないわけです。
そう考えると「叱る」ってこと以外にも、「賢い行動をさせる方法」って、いくらでもあると思いませんか?
実際、たくさんあるんですよ。

そして、もうここ何年も言い続けてることですし、本当にそう思うんですけどね。
「自分のイヌを叱りたくて叱ってる飼い主さんなんて、一人もいない」と思うんです。
あなたはどうですか?

「叱らないとダメ」って、本に書いてあったから叱ってるだけじゃないですか?
「叱らないとダメ」って、誰かに言われたから叱ってるだけじゃないですか?
「叱らずに済む方法」を単に知らないから、叱ってるだけじゃないですか?

本当に「叱らないとダメ」ですか?
そして、それはうまくいってますか?

もしうまくいってないんなら、別のやり方を探した方が、建設的なんじゃないかなと思います。

わんこを褒めて、わんこは褒められて。
お互いに「褒めて、褒められる関係」でいられる家族って、素敵だなぁと思うわけなんですよ。

でもって、その方がきっと楽で楽しいです。

やっぱり「は正義」ですね。

広告

hit1678 について

1978年9月17日生まれ。♂ Dog Life Design ocean style代表。 行動学(行動分析学)に基づいた、イヌの問題行動の改善が専門。 高校卒業後、警察犬訓練士に師事。その後、家庭犬の訓練に従事する。 現在は、問題行動の改善をメインとしつつ、しつけ、トレーニングではなく、「ヒトとイヌの暮らし」を支える「Dog Life Design」というコンセプトで、京阪神をメインに訪問セッションやセミナー講師を務める。 現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科応用人間科学専攻(対人援助学領域)に通う社会人大学院生。
カテゴリー: 「イヌを叱る(罰)」を考える, 考え方のベースアレンジ タグ: パーマリンク