こんなときに褒めれば賢くなりますよ お家の中編

セミナーやセッションなどで、飼い主さんからよくこういう言葉を聞きます。

 「褒めるのが難しい」
 「褒め方がわからない」
 「どうやって褒めればいいのか…」
 「褒めるタイミングがいまひとつわからない」
 「褒めてるつもりなんですけど…」

「褒める」

このことについては、これまでのエントリでもたくさん書いてきました。
特に「イヌが喜ぶものを渡すこと」が、「褒めるの本質」ということを、これでもか!とお伝えしてきております。
ここから、もうちょっと踏み込んで、より具体的に「褒める」についてお伝えしてまいります。

プロのトレーナーさんや、しつけやイヌのコントロールがうまい人というのは、この「褒める」がうまい人でもあります。
つまり、「うまい褒め方」を身につけることができれば、あなたのわんこの行動を、うまくコントロールすることができますし、いまあなたが困っていること、悩んでいることも、どんどん解決していきます
イヌだって「褒められる」わけですから、ストレスみたいなものも感じないんじゃないかなと。

さらに言えば「うまい褒め方」を身につければ、叱る必要だってほとんどなくなります
たとえば、いわゆる「訓練士」って、イヌをシバキ上げてコントロールするんでしょ?みたいなイメージを持っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は違います
これは割と、声を大にして言いたいんですけど、ブログなんで声は聞こえないんですけど、それでも大にして言いたい。
むしろうまい人ほど、イヌを叱ることがほとんどありません
なんなら、全然叱ることなく、イヌをワクワク、ウキウキさせながら、どんどん行動を変えていきます。
むしろ、イヌを叱ることでコントロールする人っていうのは、扱いが下手な場合がほとんどのように思います。
うまい人は、叱ることなく、褒めることでコントロールできるんですね。

 「褒めるのが難しい」

こういうことを飼い主さんが言うとき、大体は「タイミングがよくわからない」ということが多いようです。
「いつ褒めたらいいのかわかりません」みたいな感じですね。
特に「日本人は褒めるのが下手」なんてことも言われたりします。

じゃあ、この「褒めるタイミング」って、どうやって掴むのか?
以前のエントリにも書いたことですが、褒めるタイミングは「やって欲しいことをしたとき」です。

 褒めるタイミングとは?

 「やって欲しい」と思っていることを
 イヌがしたとき

ところが、ほとんどの飼い主さんは「やって欲しくないこと」ばかりを考えています。

 「吠えてほしくない」
 「噛んでほしくない」
 「飛びついてほしくない」
 「暴れてほしくない」
 「イタズラしてほしくない」

こんな風に。
でまあ、それではうまくいかないので、「やってほしいことをまずは決めましょうね」と、これまでもお伝えしてきました。

それでも、やっぱりいまひとつわかんないということもあるでしょう。
そこで、ここはひとつ、ある程度決めちゃいましょう。

題して「こんなときに褒めれば賢くなりますよ」シリーズ。
まずは、お家の中編。

色んな悩みや困りごとがあると思いますけれども、とりあえずお家の中での困りごとがあるのなら、以下のことをイヌがしたときに、必ず「褒める」ようにしてみてください。

・寝ているとき
 いわゆる「寝た子は起こせ作戦」です。
 寝ているところを見つけたら、褒めに行ってください。
 起きてもいいから、褒めてください。
 騙されたと思って、やってみてください。
 いつの間にか、よく寝る子になりますから。

・座っているとき
 イヌが座っているのを見つけたら、褒めてあげてください。
 褒められて嬉しくなって立ち上がってもいいから、褒めてください。
 騙されたと思って、やってみてください。
 いつの間にか、よく座る子になりますから。

・フセをしているとき
 イヌが伏せているのを見つけたら、褒めてあげてください。
 嬉しくなって、その後飛びついたり、走り回ったりするかもしれませんが、
 構わず褒めてください。
 騙されたと思って、やってみてください。
 いつの間にか、よくフセをする子になりますから。

以上の3つ。
これをやるだけで、かなり変わります。
え?それだけ?と思うかもしれませんが、それだけです。
本当に変わります。

具体的な褒め方については、後日お伝えします。
とりあえず、「褒めるタイミング」「いつ褒めたらいいのかよくわからない」という方は、↑に挙げた3つのタイミングのときに、必ず「褒めて」みてください。

すると、「よく寝る」「よく座る」「よくフセをする」という子になります
コマンドは必要ありません
むしろ、出さないでください。
「大人しいイヌ」に育てたいなら、コマンドはかえって邪魔になることも多いです。
「訓練」を教えたいなら話は別なんですけど、別に競技会を目指しているわけじゃないのであれば、コマンドは必要ありません。

 「寝てる」
 「伏せてる」
 「座ってる」

この3つをしているときに、必ず褒めるだけで「よく寝て、よく伏せ、よく座る」イヌになります。

てことは?

 吠える(無駄吠えとか、要求吠えとか)
 噛む(甘噛み)
 イタズラ(家具をかじる、ゴミ箱を漁る、カーペットを噛むとか)
 暴れる(落ち着きがない、興奮しやすい、走り回るとか)

こういった問題や悩みごとは、どんどん減っていきます。
叱り方とか、止め方とか、止めさせ方とかを知る必要はありません
むしろ、それを追いかけるから、うまくいかないんです。

是非、やってみてください。
変わりますから。

「全然変わらないんですけど?」という場合は、「褒める内容」が、ちょっと合ってないか、余計なことをしているかのどちらかです。
その辺についても、今後書いてまいりますので。

続きます

広告

hit1678 について

1978年9月17日生まれ。♂ Dog Life Design ocean style代表。 行動学(行動分析学)に基づいた、イヌの問題行動の改善が専門。 高校卒業後、警察犬訓練士に師事。その後、家庭犬の訓練に従事する。 現在は、問題行動の改善をメインとしつつ、しつけ、トレーニングではなく、「ヒトとイヌの暮らし」を支える「Dog Life Design」というコンセプトで、京阪神をメインに訪問セッションやセミナー講師を務める。 現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科応用人間科学専攻(対人援助学領域)に通う社会人大学院生。
カテゴリー: ベースアレンジ, 接し方のベースアレンジ タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク