イヌの「ハッピー」を考える 「しつけ」と「ハッピー」を繋ぐ 7

前回のエントリの最後に、こんなことを書きました。

 「やりたいことが、どんどんできる」=「QOLが高い」
 「やりたいこと」=「自発的にやること」
 「自発的にやること」を、「たくさんできる」と、QOLが高い。
 すなわちハッピー…。

「イヌがハッピーかどうか?を、どうやって確認するか?」

この疑問の答えは、もう↑に出ていると思うんですけれども。

でも、こんな風に思った方もいるかもしれません。

 「イヌがやりたいこと」が、どんどんできるって、つまり好き放題、
 やりたい放題にさせるってこと?
 それじゃあ、やっぱり「困ったこと」になるんじゃないの?

大体の場合において、「イヌが好き放題、やりたい放題に色々やっちゃう」と、飼い主さんにとっては「困ったこと」になってしまいます。

 「ところ構わずおしっこしちゃう」とか。
 「好きなだけ家具をかじる」とか。
 「本人(本犬?)が納得するまで吠える」とか。

そういうことになると困るから、しつけをしようてな話になるわけですね。

じゃあ、やっぱり「しつけ」と「イヌのハッピー」を繋ぐのは、難しいのか?
僕はそうは思わないんです。

以前のエントリにも書いたことですが、しつけっていうのは要するに「飼い主がやって欲しいと思うことを、イヌにやってもらう」ということになります。
そして、随分前のエントリでは「褒める」ということの本質は、あくまでも「イヌが喜ぶものを渡す」ということでした。

ここを繋げて、さらにもうちょっと考えるわけです。

あなたが「やりたいこと」は、きっと「それをやると、嬉しい、楽しいことがあるから」だと思います。
そして、そういうことは、誰かに強制されなくても「自分から」「自発的に」やると思います。

これと同じことを、イヌにも当てはめるわけです。
つまり「飼い主さんがやって欲しいと思うこと」を、「イヌが自発的にやる」ように、色々アレンジしていくわけです。

たとえば「大人しくしてて欲しい」のであれば、「イヌが自分から大人しくする」ように、アレンジします。
ケージやサークルを活用したり、例の「寝た子は起こせ作戦」を実行したりですね。

「散歩中、横について歩く」というのも、同じです。
「横について歩いているとき」に、イヌにとっての「嬉しいこと」をどんどん渡しちゃう。
あるいは「横について歩いた先」に、イヌにとっての「嬉しいこと」が現れる(それは公園かもしれませんし、お友達との挨拶や遊びかもしれませんし、茂みでの匂い嗅ぎかもしれません)。

「自分が欲しいもの」を手に入れる手段が「飼い主がやって欲しいと思っていること」になるようにする。
そうすると、イヌはどんどん「自発的に」やるようになっていきます。

この「イヌが自発的にやる」ことを、どれだけたくさん用意できるか?
それが「イヌのハッピー」に繋がるわけです。

前回のエントリで「QOL」についてちょろっと書きました。
その「QOL」が高いか低いかを調べる指標のひとつとして、「行動的QOL」というものがあります。

小難しい話はさっぴいて説明すると、要は「本人さんがやりたいことを、どれだけやれるか?」「やりたいことが、実現できる数の多さ」を、数えましょうということ。
イヌにとっての「やりたいこと」を、どんどん「やってもらう」ようにする。
やりたいことが、どんどんできちゃう。
そうすれば、「ハッピー」と言えるだろう。

ただし、それは「飼い主さんにとっても、やってくれると嬉しいこと」になっている必要があります。
ここが、プロの腕の見せ所なんですよね。

一方的にヒトの都合ばかり押し付けてもいけない。

イヌの言い分を聞き続けてもうまくない。

お互いに「ハッピー」であるために、「飼い主がやって欲しいと思ってること」=「イヌがやりたいこと」にしていく必要がでてきます。

だからというわけでもないんですが、僕はほとんど「コマンド」を教えません。
必要なこともあるので、まったく教えないわけではありませんが、ほとんど教えません。
それよりも、あくまでも「イヌが自発的にやる」ように、もっていきます。
だってそれが、一番「ハッピー」に繋がると思うから。

そして、こういったことを実現する鍵が「褒める」なわけです。
ただ闇雲に褒めればいいってもんじゃありません。
あくまでも「イヌの嬉しいもの」を渡す必要があります。

このブログを最初からお読みの方なら、もうお気づきかと思うのですが。
ぜーんぶ繋がってるんですね。
僕が「褒める褒める褒める褒める」と、やたらと口酸っぱく言っていたのも、ここに繋がってくるんです。

ここってどこ?

「イヌ」と「飼い主」の「ハッピー」です。

広告

hit1678 について

1978年9月17日生まれ。♂ Dog Life Design ocean style代表。 行動学(行動分析学)に基づいた、イヌの問題行動の改善が専門。 高校卒業後、警察犬訓練士に師事。その後、家庭犬の訓練に従事する。 現在は、問題行動の改善をメインとしつつ、しつけ、トレーニングではなく、「ヒトとイヌの暮らし」を支える「Dog Life Design」というコンセプトで、京阪神をメインに訪問セッションやセミナー講師を務める。 現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科応用人間科学専攻(対人援助学領域)に通う社会人大学院生。
カテゴリー: イヌの「できる」を増やす, ベースアレンジ, 考え方のベースアレンジ タグ: , , , , , パーマリンク