しつけやトレーニングがうまくいくコツ

ベース:土台、基礎」を、「アレンジ:整える、工夫する」という考え方

「しつけやトレーニングを頑張っているのに、いまひとつ結果が出ない」
こういう方は、結構いらっしゃるようです。
では、なんでそうなってしまうのか?
実は、「しつけやトレーニングの前に、大事なことがある」というのが、前回までのお話でした。

「ベース:土台、基礎」を、「アレンジ:整える、工夫する」という考え方

何事も「基礎が大事」と、よくいわれます。
イヌのしつけでいうと、それは「トレーニング」と言われることが多いです。
「基礎トレーニング」「オビディエンストレーニング」みたいな言葉ですね。
そして、必ずと言ってよいほど「基礎トレーニングを頑張りましょう」と言われたりします。

ここで、ちょっと考えてみてください。

たとえば勉強。
塾に通ったり、家庭教師の先生にお願いして、「学力を上げる」ための「勉強」をたくさんやる。
それさえしていれば、「学力」は上がって、希望する学校に必ず行けるでしょうか?
たとえばスポーツ。
ジムに通ったり、強いチームに入って厳しい練習を積む。
それさえしていれば、「実力」がついて、プロスポーツ選手になれるでしょうか?

なんとなーく「足りない」感じがしませんか?
どれだけ勉強を頑張っても、あるいはどれだけ練習を積んでも、普段の生活がいまひとつ整っていなかったら、どうでしょう?
簡単に言えば、暴飲暴食をしたり、夜更かしが多かったり、タバコを吸っていたり…
勉強や練習の時間以外の部分、「普段の生活」が安定していなかったら、ストレスも溜まるでしょうし、健康面や精神面も不調になるかもしれません。
そうなると、よい結果は出ない感じがしませんか?

そう、大事なのは「トレーニング」の土台の部分なんです。
わかりやすくしたのが、下の図です。

わんこも、そして飼い主さんも

「楽しい毎日」を送るために、「しつけ・トレーニング」があると。
しかし、実はその下の「ベース」となる部分が大事なんですね。
そして、ここが整っていないと、土台が安定していませんから、いまひとつうまくいきません。

イメージで見ると、こんな感じです。

わんこも、そして飼い主さんも

多くの飼い主さんと接してきて思うのは、「しつけや、トレーニングがうまくいく」という方は、この「ベースの部分」がとても安定しています
整っています。
だから、「しつけに悩んでいる」「問題行動で困っている」という方に、まずお伝えするのは「しつけ方やトレーニング」ではなく、その「ベース」となる部分へのアドバイスです。

「しつけ方」や「トレーニング法」を探す前に、まずはここに目を向けていただけたらと思います。

じゃあ、その「ベース」ってなに?
「アレンジ」ってどういうこと?

それは、「毎日が楽になる、ちょっとしたひと工夫」です。

続きます。

広告

hit1678 について

1978年9月17日生まれ。♂ Dog Life Design ocean style代表。 行動学(行動分析学)に基づいた、イヌの問題行動の改善が専門。 高校卒業後、警察犬訓練士に師事。その後、家庭犬の訓練に従事する。 現在は、問題行動の改善をメインとしつつ、しつけ、トレーニングではなく、「ヒトとイヌの暮らし」を支える「Dog Life Design」というコンセプトで、京阪神をメインに訪問セッションやセミナー講師を務める。 現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科応用人間科学専攻(対人援助学領域)に通う社会人大学院生。
カテゴリー: ベースアレンジ タグ: , パーマリンク