イヌをしつける=「してほしいこと」を考える

愛犬に「和室に入ってほしくない」と思っている飼い主さん。
「和室に入ったら、きちんと叱る」という対応をしているにもかかわらず、ちっともうまくいかない。
襖を鼻でこじ開けて入ってしまうことも増えてきて、さてどうしましょう…

これが、前回までのあらすじでした。

前回のエントリの最後に、このように書きました。

「考え方の基本」として、ぜひ覚えておいてほしいことがあります。
この基本は、どんなしつけでも、どんな問題行動の改善でも、あるいは他のちょっとした暮らしの中での困りごとの解決(たとえばこのわんちゃんのようなケース)でも、「鉄則」とも呼ぶべき考え方です。

それは、「してほしいことを考える」ということです。


多くの飼い主さんは、「犬にしてほしくないこと」を考えがちです。
なんなら、そればっかりを考えてしまいます。

 「吠えてほしくない」
 「飛びついてほしくない」
 「イタズラしてほしくない」

こんな風に。
しかしこれでは、前回のエントリにも書いたように「罰則規定」が増えるばかりです。
罰による行動のコントロールは、実は結構難しいものがあります。
本などにもよく書いてありますが、「行動の直後」に罰を与えなければ、犬はなぜ叱られたのかわかりません
つまり、「罰で行動をコントロールしよう」と思ったら、常に監視していなければいけないんですね。
人間の場合は、「言葉によるルール」の影響下に置くことができるのですが、犬にそれは通じません。
ですから、「してほしくないことを、罰する」という「考え方」は、なかなか難しいんです。
常に監視するなんて無理ですし、監視するためにイヌを飼ったんじゃないですし、そもそも楽しくないですし。
同じしつけをするんならイヌも自分も楽しい方がいいに決まってますもんね。

そこで、「してほしいこと」を考え、そこを「褒める」と考えていくわけです。
これまで挙げていた事例でお伝えしたかったポイントが、まさにこれです。
何度も問題を減らそうと考えるのではなく、適切な行動を増やそうと考えましょうと書いてきました。
1日は24時間しかありません。
24時間のうち、たとえば12時間問題を起こしているイヌがいるとしましょう。
しかし、残りの12時間は問題を起こしていません。
ということは、この「問題を起こしていない時間」が増えれば、当然「問題を起こしている時間」は減ります。
これが、しつけの基本的な、そして大事な考え方です。

「正しい行動をしている時間を増やす」

これが、鉄則であり、基本です。
では、そのために、あなたは何をすればいいのか?
それは、「では、正しい行動とはなにか?を考える」ということです。
すなわち、あなたがイヌに対して「してほしいこと」を、しっかりと考えるわけです。
それも、できるだけ「具体的」に考えます
あやふやだといけません。

この「和室に入って欲しくない」というわんちゃんの例で、飼い主さんと話し合って決めた「してほしいこと」は、以下のようなものです。

 ・イヌ用ベッドで座る、または寝ころぶ
 ・飼い主の足元で座る、または寝ころぶ
 ・リビングで、オモチャで遊ぶ
 ・リビングのどこかで座る、または寝ころぶ


基本的には、↑に挙げた行動をしているときに、褒めたり、遊んであげたりを繰り返してもらいました。
結果、和室に入ることはなくなりました。
他にもちょっとした工夫をしていますが、それについてはいずれ触れようと思います。

とにかくここでは、「まず、してほしいことを考える」ということを、しっかりと知っていただければと思います。

続きます

広告

hit1678 について

1978年9月17日生まれ。♂ Dog Life Design ocean style代表。 行動学(行動分析学)に基づいた、イヌの問題行動の改善が専門。 高校卒業後、警察犬訓練士に師事。その後、家庭犬の訓練に従事する。 現在は、問題行動の改善をメインとしつつ、しつけ、トレーニングではなく、「ヒトとイヌの暮らし」を支える「Dog Life Design」というコンセプトで、京阪神をメインに訪問セッションやセミナー講師を務める。 現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科応用人間科学専攻(対人援助学領域)に通う社会人大学院生。
カテゴリー: 「イヌを褒める」を考える, ベースアレンジ, 考え方のベースアレンジ タグ: , , パーマリンク