イヌのしつけがうまくいく、当たり前だけど、大事なこと

「褒めるしつけ」

この10年ぐらいでしょうか、この言葉は随分と一般的になってきているように思います。
どんな本を読んでも、どんなサイトを見ても、誰の話を聞いても、「イヌを褒めましょう」が一言目にきたりします。
これだけたくさんの人が同じことを言ってると、正直飽きちゃったりもしますよね。

「犬を褒めなきゃいけないのはわかったから。みんな同じこと言うんだもんなー。他に言うことないの?」

ひょっとしたら、このブログを読んでいる方の中にも、こんな感想を持っている人がいるかもしれません。
でも、ぜひこう考えてほしいんです。
これだけたくさんの人が口をそろえて「褒めましょう」と言うってことは、これはもう本当に大事なことなんだと。
そのことを踏まえて、読み進めていただければと思います。

さて、前回のエントリで、こんなことを書きました。

しつけであれ、トレーニングであれ、問題行動の改善であれ、その中身は「イヌの行動を変える」ということに他なりません。
その「行動を変える」「行動が変わる」プロセスは、大きく分けて2つです。

「行動が減る」
「行動が増える」

この2つ。

そして、多くの場合「問題となっている行動を減らす」ことに、一生懸命になってしまうと。
その「問題となっている行動を減らす」に一生懸命になっている状態とは、「あなたはダメな飼い主だ!」と、ただ飼い主さんを怒るだけで、アドバイスをしないトレーナーさんと同じだと。
これでは、「じゃあ、何をすればいいの?」が、わからない
飼い主さんは怒られるばかりで、いつまで経っても問題は解決しません。
そしてそれは、イヌも同じなんです。

しつけをする、問題行動をなおすというのは、「悪い行動、ダメな行動を減らす作業」ではありません
そうではなく、「良い行動、正しい行動を増やす作業」です。
「問題のある行動」というのは、どうしても目につきますし、大体の場合において「しつけをしよう」と考えるのは、何か問題が起こってからというのが多いと思います。
イタズラがひどい、トイレができない、甘噛みが痛い、吠えてうるさい…

こうした問題があって、はじめて「わあ、しつけをしよう」となる。
だったら、「問題をいかに減らすか?」というところに、頭が向いてしまうのはある程度しょうがないことかもしれません。

でも、だからこそ、だからこそです。
「問題をいかに減らすか?」というところから、ぜひ離れてください。
経験上、「問題をどうやって減らすか?」と考えている間は、なかなかうまくいきません。
どれだけ重篤な問題行動(たとえば、側を通るだけで襲い掛かってくるとか、他犬やバイク、自転車等に吠えかかり、そのままの勢いで飼い主に噛んでくるとか)であっても、常に考えることは「問題を減らす」ではないんです。

「何をさせるか?どんな行動を増やすか?」
「適切な行動はどんなもので、どうすればそれが増えるか?」


問題行動の専門家として言います。
問題解決のために、問題行動を見ているとうまくいきません

行動を増やす。
適切な、行動を増やす。
だから、「褒める」が大事なんです。

実は、ほとんどの飼い主さんは、このことを知っているはずです。
ある「しつけ」を通して、体で、頭で覚えているはずなんです。

続きます

広告

hit1678 について

1978年9月17日生まれ。♂ Dog Life Design ocean style代表。 行動学(行動分析学)に基づいた、イヌの問題行動の改善が専門。 高校卒業後、警察犬訓練士に師事。その後、家庭犬の訓練に従事する。 現在は、問題行動の改善をメインとしつつ、しつけ、トレーニングではなく、「ヒトとイヌの暮らし」を支える「Dog Life Design」というコンセプトで、京阪神をメインに訪問セッションやセミナー講師を務める。 現在、立命館大学大学院応用人間科学研究科応用人間科学専攻(対人援助学領域)に通う社会人大学院生。
カテゴリー: 「イヌを褒める」を考える, ベースアレンジ, 考え方のベースアレンジ パーマリンク